記事検索
 
<< 2006年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
最近のコメント
全然更新してなくてゴメン! by アマチュアホスト (02/19)
全然更新してなくてゴメン! by 人妻SEX換金所 (02/01)
全然更新してなくてゴメン! by セッ クス (01/26)
全然更新してなくてゴメン! by モ バ ゲー (12/11)
全然更新してなくてゴメン! by スタービーチ (09/28)
最近のトラックバック
カテゴリ
過去ログ

2006年01月19日

2006年1月13日金曜日〜15日日曜日(週末の戯言)

2006年1月13日金曜日
  日記再開
 ぶっ壊れていたパソコンが治ったので記憶が掘り起こせる最大限の日記を書いてみます。恐らくこの日がギリギリのラインだ。
 はー、カゼが治らん。ノドが痛いためマフラーをして大学にいくと案の定同僚が「大丈夫か?」と声をかけてくる。やっぱわかるよね。いつもと明らかに違う格好しているし、水も片手に持っているしな(笑)。そんなのお構いなしに学生が無駄な話をもちかけてくる。「シェラに日本人が新しくきたんだって?オレに紹介してよ〜。知ってるんでしょ??」おい、なんでそんなこと知ってんだコイツは…。しかもこんな体調の悪い日に言うもんだからオレもかなり酷いあしらい方をしてしまったじゃねーか(笑)。
 しかも今日は学長と話をするために2時間ほど待たせられたり本当に疲れるようなことばっかりが起こった。まあ、話に大きな進展があったことは大きい。これで帰れるまでに1仕事してから帰れそうな感触になってきた。農業以外のこともやらんとな。もちろん音楽以外にもです(笑)。

2006年1月14日土曜日
  挫折
 音楽が音我苦になってしまった(笑)。今夜は見事撃沈してしまった。やっぱりオレはグループのみんなのような才能はない。あんな即興でなんでもバンバン弾けるのは本当にありえん。しかも複数の楽器を…。経験が足りんのはもちろんだけどやっぱ違いがありすぎる。さて来週いっぱいは練習時間にあてましょう。こんな演奏を披露しては彼らのグループの名が落ちてしまう。
 さて違う話だがサルサショーに出てくれ、って話が出た。オレなんかを借り出すなんていったいどうなっちまったんだ?よほどの人手不足かトチ狂ったのどっちかだな。まあやれと言われたら楽しんでやらしてはもらいますがこっちも失敗したら責任はとりませんよー(笑)。
 カゼを弾いていたのだがやっとよくなってきたようだ。それにしてもグアテマラに来るようになってから体調をよく崩すようになったと思う。これは途上国のせいなのか自分の体が衰えたせいなのか未だにわからん。どちらにせよ元気になったことはいいことだ。演奏はうまくいかなかったがその傷も来週には癒えているはず。

2006年1月15日日曜日
  キューバの怪物たち
 昨日は完全に失敗し凹んでしまったオレ。それを癒すためにアンティグアに行った。まあ主要目的はパソコンが治ったという連絡が入ったからだ。でもせっかくなのでちょっとこの時間を有効利用しないとね。そして行ったところはアンティグアにある今年からオープンしたライブコンサートが毎日やっているバーであるPeina Latina。ジャンルはアンデス、キューバ、その他ラテン音楽等。オレが今もっとも好きな分野です。
 さてさて、今日のライブはなんとブエナビスタソシアルクラブで弾いていたキューバの巨匠達だった。まさかそんな演奏を拝めるとは思いもせんかった。もちろん演奏は完全に超人的だった。彼らの手にかかれば椅子だってリッパな打楽器だった。コンガ叩きながら歌ってるおじいちゃんはまさにあの映画を彷彿させる。本当に白髪のじいさんなのになぁ〜。このエネルギーはいったいどこから来るのやら…脱帽です。
 演奏が終わって話しをするとすっっっっごいキューバ訛り。聞いてて可愛かったけど同じスペイン語とは思えんよ、本当に。でもオレがチェロを弾くっていったら笑顔で今度いっしょに演奏しようって話してくれた。うまくなって是非いっしょに弾きたいな、1回ぐらいは。さて、グループの中に1人だけ若者が。彼はオレの友人であり、このバーのオーナーであるパコ氏のバンド、Sol Latinaの元メンバー。今は恐らく彼らがグアテマラで活動している間脱退をしてキューバ音楽を勉強するのが目的なのだろう。早い話がSol Latinaの別働隊だからな。それにしても彼の才能もすごい。彼もまた複数の楽器を弾きこなす。ギター、チャランゴ、ケナ、このグループではベース…いったいこの国はどーなってるんだ…。

sombnegro2.JPG
さて写真、オレはどこにいるでしょうか?
ウチのキューバラテンジャズ、Sombrero Negroでした。
posted by mi corazon como el pacifico at 15:03| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

グァテマラで音楽の勉強をされているんですか?
すごい!

私は現在イギリスで働いているんですけれども
こっちに来てからサルサを始めました。
えと、踊る方です。

ブエナビスタソシアルクラブの巨匠!
私はIbrahimのコンサートを昨年5月に見ました。
ホント、彼はすごかった。
鳥肌立ちまくり、足はステップ踏みまくり
挙動不審の2時間を過ごしました。
ゾンビでもいいから、生き返って
素敵なステージをもっとやってほしいです。

ジーちゃんたち、もっと長生きしておくれ!

それでは。
Posted by pinoco at 2006年02月06日 23:14
いや、普通に仕事をしているのですが週末はミュージシャンになってるということです(笑)。

ちなみに踊りますし弾きます。最近ショーにもでました♪(他のブログ参照)
サルサはいいラテン文化ですね。スタイルは国によってかなり異なるものの踊れれば他のラテン各国でもすぐ友達ができると思います。
Posted by electricman at 2006年02月07日 00:18
ちなみにグアテマラに来ていたおじーちゃんたちはあの映画の彼らではなく、普通にbuena vistaで弾いていた方たちです。もちろん実力は言うまでもなくウマイのですが。
今週ウチのグループのボスが彼らといっしょに弾くということでオレもまた遊びに行ってくる予定です♪
Posted by electricman at 2006年02月07日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最初で最後のIbrahim Ferrer
Excerpt: 2005年5月13日GatesheadにあるSageというコンサートホールで、 Ibrahim Ferrerのライブコンサートを観た。 IbrahimはBuena Vista Social Clubの..
Weblog: TATAKAU★SALSA CLUB
Tracked: 2006-02-06 23:23
人気商品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。